[息子たちの数ミリの変化]

ある日、家族会議の時、次男が私に気持ちをぶつけてきた。「本当にゴメン」と言いながら わき起こる感情を吐き出したこと。
これは私が受けとめる人だとわかっての言動だと思う。
次男の感情の振れ幅の激しさを感じつつ 感情を外に 出せるようになったなと捉えることができた。

私とコミュニケーションを取ることを避ける三男。最近は私のことでイラッとなっても イライラを押さえつつ話をしようとしてくる。そして、自分の意見を話すようになってきた。
変化と言っても 単位にしたらほんの2ミリか3ミリ前に踏み出したことだと思う。けれど、家庭内での関係性としたら 上出来なのではないだろうか。

だって、今まで だったら「変わらず」または 「マイナスを掘っていく」を ずーっと繰り返してきているからである。

だから自分に「でかした❗️」と言いたい。数ミリの変化を「やったね‼️」と拍手したい。
できなくてやめたくなっても目指すことをやめずにいることでできることが降ってくる、そんなことが起きている。

大切なのはできると信じて目指すことをやめないこと。
100回やってみてうまくいかなくても101回目にうまく行くことがあるかもしれない。
もしそうだったら続けることに価値がある。
途中でやめるなんてもったいない。
成功するまではやめずに続けること。

可能性はゼロではないから。